歯科検診っていくら掛かるの?

歯科検診は健康保険が使えるの?

まずは歯科検診が健康保険の適用になるかどうかですが、残念なことに検診に関しては適用外になってしまいます。
健康保険はあくまでも治療を目的とした医療行為に対してしか適用とならないため、検査のための通院や入院に関しては適用外なのです。
そうなると全額自己負担ということになりますが、そんなに高額ではありません。
検査内容や医院によって差はありますが、5千円から1万円程度が平均値です。
検診の結果、虫歯が見つかったり何らかの治療が必要になった場合は、その後の通院に関しては治療が目的になりますので、健康保険の方は適用となります。
治療に関しては検診よりも安く済むでしょうから安心して利用してください。
検診に通うことで早期の発見をしてもらえることが多くあります。
早期であれば治療期間も費用もそれほど掛かりませんので、やはり定期健診には行っておくことをおすすめします。

医療費控除は対象になる?

医療費控除とは、年間に支払った医療費の金額によって所得税や住民税が減額されるという仕組みを持っています。果たして歯科検診は医療費控除の対象となるのでしょうか。
医療費控除に関しては、健康保険と規定が類似しているところがあり、治療目的以外のものに関しては対象にはならない可能性の方が高いのです。
検査や予防の目的、美容に関する目的で医療機関を利用した場合は、健康保険も医療費控除の対象にもならないことを念頭に置いておきましょう。
また、最近では歯科検診を積極的に推進している地域が増えてきており、無料で受診できる地域や、低料金で受けられるところも増えてきています。
自分の住んでいる地域は歯科検診に対して何か取り組みをしているのか、予め確認しておいた方がお得なことがあるかもしれません。


この記事をシェアする
TOPへ戻る