永久歯の代わりはない!大人歯科検診のすすめ

なぜ必要?大人の歯科検診

大人になると、自ら歯科検診に行く機会は減るものです。
痛みを感じたり違和感があった時に治療として行くくらいで、定期的に歯を診てもらっている方は少ないかもしれません。
ですが、大人ほど定期的に歯科検診を受けるべきなのです。
子供の頃は学校で歯科検診の時間がありましたし、親に連れて行かれて強制的に検診を受けた経験がある方も多いでしょう。
幼い頃に「歯は大事」であるという認識を叩き込まれたはずなのに、いつの間にかその認識から遠のいてしまっているのかもしれません。
人間の歯は、まず乳歯から生え始めます。そして5歳から7歳くらいの間に永久歯という大人の歯に生え替わります。
永久歯は名前の通り、生涯付きあっていく歯になるのです。
永久歯はもう生え替わりません。大人になってから歯科検診が必要な理由は一目瞭然です。

歯科医院でしてくれる検診の項目

では実際に歯科医院ではどんな検査をしてくれるのでしょうか。
まずは虫歯の有無をチェックします。
永久歯は乳歯よりも痛みを感じにくいことがあるので気付いていないうちに虫歯になっていることがあります。
また、大人になると歯だけではなく歯茎にも気を付けなければいけません。
歯槽膿漏などの懸念も出てくるため歯茎のチェックもしてもらえます。
永久歯になると歯が大きくなるので、歯のかみ合わせや歯並びに問題を抱える方も増えてきます。
そういった悩みがある方は、レントゲン写真などから歯の構造を診てもらい、適切な処置を受けることができます。
歯石や歯垢の除去なども行っている医院もありますので、歯や歯茎の気になるところ、心配に感じているところは遠慮なく先生へ伝えるようにしましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る